Blogブログ

ブログ

2018/09/07

enjoy life TCカラーセラピー

ミロのビーナスとカラーセラピーのリンゴ

「1日1ページ読むだけで身につく世界の教養365」という本を毎日1ページずつ題名通りに正直に読んでいます。
7分野 「歴史」「文学」「芸術」「科学」「音楽」「哲学」「宗教」が日替わりで書かれていて、興味あるところだけを飛ばし読みしたい衝動を抑えつつ、今のところ真面目に1ページずつです。

24日目は「芸術」で『ミロのビーナス』
好きな内容の日は、好きな人に偶然出会ったような氣分になります。
1820年にギリシャのメロス島(ミロ島)で発見された両腕がないビーナス は、ローマ神話のビーナス、ギリシャ神話のアフロディーテです。
発見された場所の近くから、リンゴを持った彫刻がみつかったことから、この腕がビーナスの胴体についていたものだと考えられているそうです。
このリンゴはギリシャ神話の一挿話「パリスの審判」に登場します。
とある事情から最も美しい神に黄金のリンゴが与えられることになり、天界の三美神である、神々の女王ヘーラ、知恵の女神アテーナ、愛と美の女神アフロディーテが競い合うことになりました。
ゼウス神の命令で、羊飼いのパリスがその判定をさせられることになり、色々な事情がある中でパリスが黄金のリンゴを渡したのがアフロディーテだったのです。
ギリシャ神話は、とっても個性的な神々のそれぞれの事情で繰り広げられる面白い物語り。

ところで、リンゴといえば、私たち日本人は「赤」を連想しますが、西洋人は「緑」を連想するそうです。
ビーナスが受け取ったリンゴも赤ではない・・・

カラーセラピーで扱う色の意味には、学ばなくても誰でもが知っているものと、学ばなければ判らない「象徴」があります。
この「象徴」の世界は、学べば学ぶほど奥深くて益々追求したくなっていきます。
ギリシャ神話の各場面は、多くの画家たちが描いていますから、これらの「象徴」を知って絵画鑑賞すると「美しい」と観る以上の楽しみが増えます。

TCカラーセラピー講座で学ぶ象徴や思想は、生活の中の様々な場面にも結び付いてきます。

【TCカラーセラピスト1日講座】
2018年9月13日・18日 10月12日・17日・31日

【アソシエーションカード・マスター講座】
2018年9月10日・16日・19日 10月1日・15日

すべて予約制です。


大阪市阿倍野区のカルチャースクール VIVI・AN (ヴィヴィ・アン)

住所
〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-15-14 ジョイテル阿倍野303
営業時間
平日10時〜20時
定休日
不定休
最寄駅
・JR「天王寺」駅東口より徒歩7分
・地下鉄御堂筋線「天王寺」駅3番出口より徒歩7分
・近鉄「あべの橋」駅より徒歩7分
・地下鉄谷町線「阿倍野橋」駅3番出口より徒歩5分
・阪堺電車「阿倍野橋」駅より徒歩5分
電話番号
06-6624-0720

Top